• ホーム>>
  • E46>>
  • E46 Touringをアイエス化してみる!
E46 Touringをアイエス化してみる!

久しぶりのコンバージョン企画です。

今回のコンバージョンのベース車は「E46」です。・・・E46ともなると二世代前の3シリーズ。旬がとうに過ぎ、今さら感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、コンバージョンほどのカスタマイズになると、そうそう年式の新しい車や、高値の車に対しておこなうわけにもいきません。勇気とお金がいるものなのです。

こんな時にコンバージョンをおすすめできます

・エンジンやAT,ミッションが故障して修理代が高額になりそう
・新しいモデルのBMWにはあまり興味が湧かない。今のBMWを長く乗り続けたい
・BMWで走りを楽しみたい
・人と違うBMWに乗りたい
・中古パーツがある

こう考えると、E46はコンバージョンのベース車として今が正に旬ともいえるのです。

ベース車の紹介

ベース車になったのは、ノーマルの318iツーリング前期モデル。10万kmを裕に超え、車検切れでしばらく放置されていた状態です。またE46の場合、前期と後期とでは、電子制御の面で大きな違いがあり、コンバージョンは前期モデルの方が断然、楽です。

R1040810.jpg

E46は数グレードにマニュアル車が存在しますが、このツーリングには、マニュアル車が存在しません。また前期のエンジンはM43というシングルカムエンジンが搭載されています。これはこれで、低中速トルクがあり、街乗りなどには適したエンジンですが、回して楽しむというスポーツ度は残念ながら低いのです。

R1040812.jpg

まあ、正直言えば、どうしてもマニュアルに乗りたいというのであれば、マニュアル車を買っちゃえばそれまでなんですけど。これを言っては身も蓋もないですね。ただ、ツーリングのマニュアル!などに拘るのであれば、国内モデルでは存在しないので、基本的にコンバージョンしか方法がないんですよね。(アルピナにはありますけど)

コンバージョンの内容

どのようなコンバージョンメニューにするか?

ちょうど、E36 M3Cのエンジン、6MTが余っていたのですが、4気筒エンジンが好きなオーナーの好みに合わせて、SOHCのM43からDOHCのM44にコンバージョン、そして5MT化することにしました。

つまり、E36 318isのエンジン、ミッションをE46 318iツーリングにコンバート!

題してE46 Touring アイエス化プロジェクト!です。

ここでコンバージョンメニューをまとめておくと、

・AT→5MT
・M43エンジン→M44エンジン
・デフも変更

をメインに、ついでに

・ブレーキ強化
・サスペンション変更
・マフラー変更
・フロントスポイラー武装
・内装リペア

こんなところです。

E36の318isの車重1,280kgに対して、E46touringは1,410kg。130kgの重量アップは、大きく走りをスポイルしてしまうでしょうが、それでも楽しくなることはきっと間違いなし!

今日はここまでで。続く。

E46に関するその他の記事一覧
ページ先頭に戻る