• ホーム>>
  • F30>>
  • さらば3シリーズ グランツーリスモ!
さらば3シリーズ グランツーリスモ!

こんにちは、キムです。

今日は後継モデルの予定がなく1代限りで廃止となった3シリーズグランツーリスモにスポットを当てたいと思います。

3シリーズグランツーリスモとは?

ご存知ない方の為に、グランツーリスモのことを改めて紹介します。F30系3シリーズにおいて、セダン・ツーリングに続いて登場した第3のモデルがこの5DHBのグランツーリスモです。

3er_gt_view1.jpg

5ドアハッチバック。日本では、これまでも5ドアハッチバックを発表して成功したケースはありません。 古い記憶では、ブルーバードやプリメーラが5ドアハッチバックを導入したことがありましたが、今回は日本で一番売れている輸入車BMW3シリーズの派生モデルということで大変興味深かったのですが、次モデルでは設定がないということで残念です。個人的には新車当時にディーラーまで見に行った程に注目していたモデルなので、今回改めてこのグランツーリスモを見直したいと思ったのです。

グランツーリスモのここがスゴイ!

グランツーリスモは3シリーズの派生モデルとはいえ、セダン・ツーリングとは異なるポイントがたくさんあります。どこが違うのか

1.サイズ

まず一番はサイズです。グランツーリスモは、3シリーズの中で最も大きなモデルです。というのも、グランツーリスモは中国向けに販売されているホイールベースの長いロングボディが活かされています。セダンの全長×全幅×車高が4645×1800×1440mmに対して、グランツーリスモは4825×1830×1510となっています。全長はセダンよりも180mm長くなっています。この長さの恩恵を最も受けているのがリアの居住性です。
3er_gt_view2.jpg▲こちらはグランツーリスモの後部座席。通常のセダンよりも+7cm拡大。下のセダンの後部座席と比べてみるとグランツーリスモの足元が随分広いことがよくわかります。
3er_gt_view3.jpg▲こちらはセダンの後部座席。

2.デザイン性

3er_gt_view4.jpg車高はセダンに比べて5cmアップしています。これがみる人によっては、腰高な車=ダサいと感じる方もいるようです。自分的にはグランツーリスモは背の低いSUV。クロスオーバー車としてこの車校の高さも含めて魅力を感じています。逆に、走りを求める方にはホイールベースが長いということも含めてオススメできない車種ともなるのですが、実は車高を落とした姿は見映えは非常にイイのです。
3er_gt_view5.jpg▲ローダウンしてカスタマイズするとこんな感じに。セダン、ツーリングとは異なるシルエット。これはこれで超絶カッコいいです。

3.仕掛け

グランツーリスモのリアにはアクティブスポイラーという可変スポイラーがついています。このスポイラーがあることによってリアの高さを現状まで下げることができたみたいです。こうした仕掛けは昭和から平成初期にかけてちらほら見かけてましたが、久しぶりにみて新鮮な感じがします。

 

さらば、グランツーリスモ!

グランツーリスモは他にはない特徴を持った3シリーズ。もしかすると将来的には非常に希少なモデルになるかもしれません。いつか、ハンドルを握って走って見たいです。。。(実は試乗したことがないのです。)孤高の3シリーズとも言えるGT、グランツーリスモよ、さらば!
 

F30に関するその他の記事一覧
ページ先頭に戻る