エンジン内部クリーニング

最近、BMWやMINIに初めて乗るという方からのメンテナンスに関する問い合わせが増えてきています。BMW,MINIを大切に乗っていきたいというオーナーさんが多く、この「BMW・MINIを元気にするメンテナンス」のコーナーも参考にしていただいているようです。どうもありがとうございます。

さて、今回はエンジン内部のクリーニングについてふれたいと思います。

直噴エンジンはカーボンが溜まりやすい

カーボンというのは、ガソリンの燃えカスのようなもので、エンジン内部にその燃えカスが付着していき、少しずつエンジン内部に蓄積されていきます。基本的にどのエンジンであってもカーボンは付着していくのですが、最近の直噴エンジンは、その機構上カーボンが溜まりやすいようになっています。
では、このカーボンが溜まっていくと、エンジンにどんな悪影響を与えるのでしょうか?

カーボンが溜まったことによる悪影響とは?

エンジン内部にカーボンが溜まっていくと、エンジンのパフォーマンスに次のような悪影響が発生します。

  • アイドリングの不調
  • パワーダウン
  • レスポンスや燃費の悪化

パワーダウンやレスポンスなどは、程度にもより、体感できるほどの方は少ないかもしれませんが、アイドリングの不調などは、わかりやすい現象かもしれません。

エンジン内部はやはりキレイであった方がいいのですが、エンジン内部を完全にキレイにするとなると、エンジンを分解する必要があり、それこそ多額の出費が必要になります。そこでクラフトガレージがおススメするのは、ケミカル液材でエンジン内部を洗浄することによってこれらの症状が幾分か改善させようというものです。

エンジン内部クリーニングサービス

クラフトガレージのエンジン内部クリーニングサービスは、工賃込で\12,000(税別)。オイル交換に合わせて施工されることをおススメします。

またクラフトガレージでは、次のような3ステップでエンジン内部のクリーニングを行います。
1.ヘッド回りの洗浄 インテーク側からスプレーにて液材を吹き込み、インテークバルブ、ヘッド回りの洗浄を行います。
2.フューエルラインの洗浄 ガソリンタンクに液材を注入し、フューエルラインの洗浄を行います。
3.オイル回りの洗浄 エンジンオイルに液材を注入し、オイルラインの洗浄を行います。

施工時間は1時間程度です。 

BMW・MINIの中古車を購入された方や、走行距離が伸びてきた方には特に、BMW・MINIを大切に乗っていきたいという方。エンジンパフォーマンスをできるだけ維持していきたいという方には、おススメのサービスです。

BMW・MINIを元気にするメンテナンスに関するその他の記事一覧
ページ先頭に戻る