トピックス

こんにちは。みなさん、ご無沙汰しております。広報部長のキムサンです。久しぶりにホームページ更新をお手伝いさせていただくことになりました。初回となる今回「はて?何の記事を書こうかな?」

考えた末、ボス縄田さんにインタビューすることに決定。テーマは「今オススメのBMWの中古モデル」。BMW専門プロショップを稼業とするボス縄田らしい視点によるBMW選びをお楽しみください。

3位 初代(E84型) X1 sDrive20i 

2W5A9861.JPG

では早速の第3位から。ボスから飛び出してきたのは、意外にもXモデル。

Xシリーズ、しかも初代X1なんですね。
ー縄田ー 今SUV車が盛り上がってますが、C-HRハイブリッドに乗りたいけど高過ぎるなって思ってるような人にオススメしたいモデルです。高年式であっても100万円台から選べますし、C-HRと比較しても室内は十分に広い。さらに、初代X1はFRベース。BMWの入門車としてもオススメできます。これまでは3シリーズから入るのが普通でしたが、時代は変わっていますね。若い子たちがX1を買ってBMWの良さを知る。それもいいんじゃないかなと思います。

なぜにsDrive20iなんですかね?
ー縄田ー 4駆にこだわりたい人や、その必要がある人はもちろん4駆を選んでいいと思います。ただ、九州・福岡に住んで普通の生活をしてたら、4駆が必要となるのは年に1回あるかないかじゃないでしょうか?そう考えるとsDriveでもいいんじゃないかと。それに2駆のメリットの方が大きいはずなんです。燃費は軽い方が良いし、維持費も2駆の方が有利。実際のところ個体差の方が大きいですが、経験値的には構造が複雑なものの方が壊れやすいです。後期モデルになって登場した20iは4気筒のターボエンジンを搭載していて、8AT搭載。走りが全然変わりました。

2位 4代目(E90系) M3

続いての第2は、ボスらしいMモデル。ただそこに選ばれたのは意外にも90系M3だった。

481349-bmw-m3-e46.jpg-itok-R47tHVcD.jpg90系M3なんですね?
ー縄田ー E46M3と思いました?確かにE46M3の後期は最後の直6M3としてBMWの歴史的に価値のある車と思います。ただテーマが「オススメのBMW」だったので、90系M3としました。こちらもM3史上最後のNAという点で歴史的に価値あるモデルになる可能性もあります。BMWの直6神話のせいか、V8モデルとして旧来のマニアから敬遠されているところがありますが、確かに、音はドロドロといった感じで、直6ファンからすると、好きにはなれないのかもしれません。ただし、その音のことを除けば、性能は断然凄い。正確な相場推移は把握できていませんが、あくまでもこれは個人的な意見なんですけど、E46後期がその希少価値で値落ちが進まず、一方で90M3の値落ちが進んでいくようであれば、90Mの方が断然オススメしやすい。やっぱり新しい方が故障しにくいですから

1位 2代目(F20) 116i

そして、いよいよ最後の1位となったのは、1シリーズ(F20)の116i。2017年のオススメ車としても紹介していたのがこのモデルで2年連続でオススメしたいモデルとなりました。

縄田さんF20をすごくオススメしてますよね?

ー縄田ー 走りがいいです。その割に中古車価格の方はずいぶんと安くなっています。外観的に、自分もそうなんですが、F20前期のフロント周りは好きになれないって人もいると思います。実は2シリーズのフロント周りが流用できたりします。それに116iはコンピュータチューンで120iへ豹変※します。そういうイジる面白さがあったりするんです。こんなカスタマイズ性のあるモデルって他にはありません。1シリーズ最後のFRというのももちろんありますが、とにかく素性がいい。昔の3シリーズの雰囲気を感じますね。実は、2018年は新たな試みとしてクラフトガレージのF20デモカー製作を目論んでいます。今後状況を報告していきたいですね。

※コンピュータ本体を開けるリスクがありますので、通常はサブコンによるライトチューンをオススメします。リスクがあってもそれでも、、という方にはご相談に応じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

トピックス記事一覧
ページ先頭に戻る